洒落にならない怖い話まとめぽぽぽ・・・

怖い話にはいい話もあるんだよ?

深夜特急

…今でも忘れられない
 とても怖くて不思議な体験。


1年と半年程前になるでしょうか、私がまだOLをしていた時の話です。
毎日、毎日、会社でのデスクワークに疲れて帰りの電車では終着駅まで寝るのが日課のようなものになっていました。
混んでいて座れない日などは立ったまま寝てたりもして(笑)

その日は残業で会社に遅くまで残り、帰りの電車も終電近くで人は数人しかいませんでした。
私は座席の1番端に座り横の壁(手すり?)によりかかっていつものように浅い眠りにつきました。

……ふと、目を覚ますとまだ電車は走っています。
いつもの習慣で終着駅前になると目を覚ますようになっている私は、
もうすぐ着くかな~と思いながら前の窓に写っている自分の姿をぼーっと見つめていました…。

…ふと、目が覚めました。どうやらまた眠ってしまっていたようです。
しかし電車は未だ走っておりおかしいなー?と思いつつ携帯を取り出して時間を確認しました。
「……!!」
時間を見ると2時1分となっているのです。
(もうこんな時間…)
そんなことを考えていると私の頭は徐々に覚めて行きそれと同時に体もサーッと冷めていきました。
「え!?どうして!?」
携帯をよく確認しても確かに2時です。すぐに席を立ち周りを見回してみると誰一人いませんでした。
電車はずっと同じ速度で走り続けています…。
とりあえず私は親に電話をしてみることにしました(この時、私は実家住み)。
しかし家に電話してみると
「ただいま、電波の届かない…」
携帯を見てみると圏外になっていました。決して地下鉄に乗っていたわけではありません。
(圏外…どうして…)
そこで私はハッと気がつきました。
(車掌さんのいる一番前の車両にいけばいいんだ!)急いで向かおうとした時…電車がスピードを落とし、駅に到着しました。

半ば呆然としながら駅名を見ると
「高九奈駅」
高九奈?
たかくな?こうくな?
その駅のホームは田舎にあるような駅でホームには人一人いるような気配すらありません。周りは田んぼや山のようで真っ暗です。
(どこなのここ…
私はどこにいるの…?)
電車のドアがフシューと音を立てて開きます
(降りていいんだろうか?どこかも分からない駅で…)
(どうしよう…)
「高九奈駅」
聞いたこともないような駅名を前にして色々と考えているうちに、ドアはフシューと音をたてて閉まってしまいました。
そして電車はまた
速度をあげ走りだします。
(あ…、でも変なとこで降りるよりかはちゃんと聞きにいったほうがいいよね。)
私は急いで最前方車両に向かいました。何車両か走り過ぎましたが人は一人も見かけません。
(なんで誰もいないの?お願いだから誰かいて…!)
もうすぐ一番前までつくだろうというところで前のほうにポツンと人が座っているのが見えました。
(人がいた!)
急いで近づくと驚いたことにまだ小学校低学年ぐらいの男の子で、何やら携帯ゲーム機に夢中になっているようでした。
「あ、あの…僕…?」
私の呼びかけに子供は顔をあげると一瞬目を見開き驚いたような顔をして
「…何?」
と尋ねてきました。
「あ、その、私、電車の中で居眠りしちゃって、いま電車がどこを走ってるか分からなくなっちゃって…ドジだよね、アハハ、
それで僕いまこの電車がどこに向かってるか分かるかな…?」
「ふーん…、お姉さんには悪いけどここがどこに向かってるかは僕にもわかんないよ」
「そっかぁ…」
「ただ…」
「え?」
「お姉さんはまだここに来ちゃダメってことは分かるよ。」
電車の速度が段々と下がっていきます。
「それってどういう事…?」
「もし、降りる場所を間違えたら…」
電車が停止しはじめました。どうやらまた駅に着いたみたいです。外をチラリと見ると
「敷草谷駅」
なんて読むんだろうか?また聞いたことのない駅名。
「間違えたら、何…?」
「あ、僕はここで降りなきゃ。」
「え!ちょっと!」
男の子は開いたドアからホームにピョンと飛び出し
「たまにお姉さんみたいな人、いるんだけどね…」
「待ってよ!私も降りるから!」
「…それはダメだよ。でも、どうしても来たいならおいで?」
その時わたしは心底ゾクッとしました。今まであまり表情の無かった男の子が初めて笑ったのです。
悪意で満ちあふれたような満面の笑みで、ニタァーっと…。
私は金縛りにあったように動くことも声を出すことすら出来ませんでした。
ドアは音をたてて閉まっていきます。
ドアの向こう側、ホームに立っている少年はニヤニヤとして私の目を見つめたまま、
電車はゆっくりと動きはじめ、少年は私の前からいなくなりました…。
この時点でうすうすは考えていたことがあります。けれど考えないようにして必死にそれを否定していたんです。
(私は死んでしまっているのだろうか…?)
どこへ向かっているかも分からない電車。不気味な少年に意味深の言葉。
これは死後の世界?いつの間にか私は死んでいて気づいてないんじゃ?事故?病気?それとも…
(…いや、こんなこと考えるのはよそう。どうかしてる。私は生きてるわ。)

~♪
その時、静かな車内で着信音が響きだしました。私はとっさに自分の携帯を見ると
「着信:父」
「お父さん!」
さっきまで圏外だった電波はアンテナが2本になっていました。
ピッ。電話に出ると
「おいっ!いま何処にいるんだ!!まだ会社で残業してるのか!?ずっと連絡がつかないから心配したんだぞ!」
「お、お父さん!うっ、うわぁ~ん、…」
私は父の声が聞けた安心感からか泣きはじめてしまいました。
「○○○!?どうしたんだ一体!?」
「うっ、ぐすっ、あのね、お父さん…」
私は今までの経緯を一通り話しました。電車の速度が遅くなっていきます。また駅が近い…。
「そうだったのか…、けどこんな時間に走っている電車なんて聞いたことないぞ?とりあえず駅におりなさい。」
「でも降りたって場所がわかんないよ…。」
「お前の携帯はたしかGPS機能がついてただろ。それから場所を調べて迎えにいってやるから。」
電車がタイミングよく駅に到着しました。ドアが音をたて開きます。
「そっか!分かった、駅に降りるね。」
私は初めて駅に降りました。夏なのに空気は冷たく人の気配はありません。
駅名は「****駅」ひどく看板が錆びれており読むことは出来ませんでした。
乗客はもう誰もいなくなっても電車はゆっくり走りだしていきます。そしてあっという間に遠くの闇へ消えていきました。
「お父さん?降りたよ?」
「そうか。それじゃ一回、切ってお前の居場所を調べるからな。動くんじゃないぞ。何かあったらすぐ電話しなさい。」
ピッ、ツーツー
冷たい機械音とともに父との電話は終了しました。あとは父からの連絡を待って迎えにきてもらえればいいだけ。
家に帰れるという安心感と父の声が聞けたため、私は心にだいぶ余裕を持つことができました。
(自分がもしかしたら死んでいるかもなんて、本当私ったらなにを考えていたのかしら。)
携帯画面を見ると電池の残量が残り2個になっていることに気付き、すぐに携帯電話を閉じました。
(危ない危ない、電池が無くなって電源が落ちたら本当に終わりだわ。
またお父さんからの連絡がくるまでは使わないようにしないと。)
ここで改めて駅のホームを見渡してみます。
誰もいる気配はなくどうやら無人駅のようで、駅名板をみてみるとやはり酷く錆びれて読めません。
前の駅と次の駅については書かれていないようです。周りは見渡す限り、田んぼや山ばかりで真っ暗。何もありません。
(寒いなぁ。お父さん、まだかしら・・・。
でも考えてみれば線路があるんだから最低それを辿っていけば大きな駅とか、少なくとも民家があるところには着くのよね。)
そんなことを考えていると、
「着信:父」~♪
父から電話です。
ピッ
「お父さん?」
「○○?大丈夫か?」
「私は平気。それより私がどこにいるか分かった?」
「それなんだが・・・」
どうやら私の携帯のGPS機能を使い調べてみたが、ポイントエラーとなってしまい、何度試しても分からなかった。
なので父の方から警察に連絡してみることに、私は周りに公衆電話や民家がないか見てくれ。ということでした。
私が前の駅名(高九奈、敷草谷)を言うとそれも調べてみると言い父との電話は終わりました。
周りをみてもやはり民家、公衆電話はおろか外灯すらありません。
(電池の残りは一個。父は警察に電話するっていってたけどいたずらだと思われるかもしれない。
駅名についても期待はできそうにないし、ちょっと歩いてみようかしら・・
せめて民家だけでも見つかれば・・田んぼがあるんだから近くにありそうだし・・・。)
何分か悩んだ末、私は線路づたいに歩いてみることにしました。
父にそのことをメールし、私は前の駅の方向に歩きだしました。
1時間ほど歩いた頃でしょうか民家は未だに見つけることが出来ません。
戻ろうかとも思いましたが、もう戻ってはいけない気がしました。
時々、後ろから視線を感じるのです。怖くて振り向けませんが…。
それよりも気になるのはまだ前の駅に着かないことです。
前の駅までは距離がそんな無かったはずなので少し歩けば着くと予想していましたが一向に着きません。
この線路は永遠に続くんじゃないかとさえ思えます。
(もう、疲れた…。)
足の疲れに加えて、精神的な疲労、一人という孤独感、私はその場にへたり込んでしまいました。
(家に帰りたい…。お父さん…お母さん…。)
どのくらいその場に座り込んでいたでしょうか。ふと、気づきました。遠くのほうに光が見えます。
(なんだろう…)
だんだん私のほうへと近づいてきます。しばらくしてそれは車のヘッドライトだと気づきました。
(お父さん!?)
私は立ち上がり必死に手を振りました。
お父さんじゃなかったらどうしようとも考えましたが、このさい誰でもよく、藁にもすがる思いで手を振り続けました。
車は私のすぐ近くまで来て停止しました。間違いなく父の車です。案の定、中からは父が出てきました。
「○○!!」
「お父さん!!」
私は思わず父に抱き着いてしまいました。
「もう平気だからな…。」
父は私に優しく声をかけてくれます。私はこの時、本当に安心しました。もう家に帰れるんだ、暖かい家に…と。
「寒いだろう。とりあえず車に乗りなさい。」
「うん。」
父の車に乗り込み、父は運転をしながら今までのことを話してくれました。
あのあと警察に電話をし、父は必死に話してみたけれどやはりまともに取り合ってくれなかったそうです。
しかし、警察に頼るのは諦めて再び何回もGPS機能を試していると、一瞬、私の居場所が表示されたと。
急いでメモを取り地図を使って調べ、私のいるところまで来ることが出来たそうです。
GPSが機能したのはその時のみでそれ以降は何回やってもエラーだったそうですが…。
それで肝心の私の今いる場所ですが…○○県の△△(伏せますが甲信越地方)という場所だそうです○○県は私の住んでいる隣の県です。
電車に乗って隣の県まで来ていたということになります…。
「それとな、○○が言っていた駅名のことなんんだけど。あれはもう使われていない駅らしいんだよ。ずっと昔に廃線になったんだ。」
私は今までに溜まった疲れからかひどく眠たくなっていました。
「そうだったんだ…。」
「あまり驚かないな?」
「もう驚く気力もないよ。お父さんこそ私の言ってること信用してくれてるの?」
「信じるも何も実際に〇○がいたからなぁ(笑)
もしかして使われなくなった電車が、また人を乗せたくて○○を呼んだのかもしれないな。」
「そうかもね…。」
(ダメだ、眠たい…。)
私の意識は徐々に薄れていきました。

・・・~♪

「ん……」
うるさい音に目を覚ますと携帯の着信のようです。私は寝ぼけ眼で携帯をとり通話ボタンを押しました。
「もしもし?誰?」
「○○か!?お父さんだ!やっとお前の居場所が分かったよ!いまから迎えにいってやるからな!」
「・・・は?え?何?」
「だから、さっきお前の居場所が分かったんだ!向かうから動くんじゃないぞ!」
体が冷めていくのを感じます。
横チラリとみると、たしかに車を運転している父がいます。
「え、あ・・・ピー、」
電源が落ちました。電池が無くなったようです。
私はしばらく呆然としながらジッと父を見つめました。
「お、お父さん‥?」
「・・・・・・・」
「ねぇ!お父さん!?」
「・・・・・・・」
父は無言で無表情のままです。窓から外をみると、周りは木が多くなっていました。市街に向かっているはずなのにどうして…。
「どこに向かってるの…?」
「・・・・・・・」
父は何も喋りません。黙々と運転し続けているだけです。私はそこで初めて重大なことに気付きました。
私の地元から○○県にくるまでは車を使っても1時間以上はかかります。
父が迎えに来てくれてのは最後に電話してからだいたい1時間~2時間ぐらい。
けれど、父は警察にも電話したって言っていたし、GPSを何回も 試し地図で調べてきたとも言っていた。
・・・そんなに早く私を迎えに来れるものなのでしょうか?私の思い違い?それにしてもその時の父は明らかに変でした…。
「お父さん?一回車止めて…?」
「・・ブツ・ブツ・・・」
「え?」
「・・早く・・行かないと・・。・・・俺の・・せいで・・ブツ・・ブツ・・・。」
ゾクっとしました。それは明らかに父の声のソレではありませんでした。低くて唸り声のような・・。
(「降りる場所を間違えたら・・・」)
不意にそんな言葉が脳裏をかすめます。
私の前にいる父は父じゃない。このままだと変なところに連れて行かれてしまう。逃げなきゃ。逃げなきゃ。
私はそのことを一心に考え、車がカーブに差し掛かりスピードが落ちた折、意を決して車から飛び降りました・・・。

その後について書きます私が次に目覚めた場所は病院のベットの上でした。
そこは市街の病院らしく、医師の先生に話を聞くと
山間部のほうの車道脇に倒れていた私を通りかかった人が見つけ、救急車に連絡してくれたそうです。
親に連絡をし迎えにきてもらい私は今度こそ家路につくことができました。
不思議なことに、父に昨日のことについて尋ねた所なにも知りませんでした。
父は電話なんてしてないし、それどころか私から会社に泊まると連絡がきていたそうです。
私が会った父は誰だったのでしょうか。それに電話口の父やあの男の子、無人駅・・・。
結局のところ何も分からなかったし、これからもこのことについて知ることないと思います。
これで話はおしまいです。私自身こんな長くなるとは思いませんでしたが…。
私の長く拙い文章に付き合ってくださってありがとうございました。