洒落にならない怖い話まとめぽぽぽ・・・

怖い話にはいい話もあるんだよ?

生きている人間の方が強い

俺は幽霊とか信じてなかったんだけど、
もしかしたら本当にいるのかもしれないなと思った時の話。

今から10年前だが山口県に転勤して、
アパートを借りて一人暮らししていた。

アパートは2階建てで、
俺が借りたのは一階の端。

10畳1Kで安くもなく高くもなく
普通の部屋だった。

職場に近く、
最初の1ヶ月くらいは何事もなく快適な生活だった。

2ヶ月目に入ろうとするとき、
何の前触れもなく異変が起きた。

部屋の真ん中に布団を敷いて寝ていると、
金縛りになった。

そして、布団を中心に誰かが

「うぉぉ…」

と言いながら歩き回っているのがわかった。

その時は、怖ぇ…と思いつつも
金縛りは生理的な状態が原因だと頭の片隅にあったので、
それほど焦りまくるようなことはなく、
脳みそが寝ぼけ状態なだけだと思った。

そして、気づくと朝になっていた。

初めて金縛りを経験したので、
ちょっと嬉しさを感じる余裕すらあった。

あれが金縛りかぁ…って感じで。

でも、甘かった。

それは、その日から毎日起きた。

初めの何日かは歩き回るだけだったが、
そのうちそいつは
布団の上にのし掛かってくるようになった。

足の方から徐々に締め付けるように
頭の方まで移動してくる。

しかも

「うぉ…、はぁはぁ…」

とサラウンド音声と一緒に。

それでも、金縛りは生理現象、
人の気配は夢と言い聞かせて、
気がつくといつも朝になっていた。

ま、かなりリアルな感覚だが、
所詮生理現象だ。

と自分に言い聞かせて、
普通に会社とアパートを
往復する生活を送っていた。

だが、ある時会社の先輩に言われた

「お前、目の下のクマ凄いぞwww」。

言われてトイレの鏡で見てみたら、
確かに凄い。

アパートでも毎日出掛ける前に鏡をみるのだが、
部屋が薄暗いせいか気が付かなかった。

そして、クマは日に日に凄い事になっていった。

そして、その間、寝ている時の金縛りと

「うぉぉ…ハァハァ…」

は毎日続いていた。

さすがにこりゃヤバイと思った。

きっと寝不足なんだろうなと思い、
思いきって木・金曜日と2日間休暇を貰って、
土・日曜合わせて4連休をとることにした。

4連休ずっとアパートでゆっくり過ごす予定だった。

しかし、これが逆に悪かった。

午前中寝てても金縛りとともに奴が来る。

昼飯食った後寝てても来る。

寝てるとエヴリタイム来る。

休暇初日でヤバいと気付き、
医者に行くことにした。

といっても何科に行ったらいいのか見当もつかなかったので、
受付に行って

睡眠障害っぽいけど何科がいい?」

と聞くと精神科とか言ってくる。

精神科にかかってると会社に知れると何かヤバいかなと思って、
結局あれこれ考えて病院を出てきてしまった。

出てきたのはいいが、困った。

行くところが無い。

アパート帰って寝てもアレが来る。

転勤間も無い事もあり
会社には相談できる友達もいない。

仕方ないので、
東京勤務の時の友人Aに電話してみた。

Aは幸い(?)にもオカルト好きだった。

なので、ことの次第を正直に話した。

予想通り嬉々として相談にのってくれた。

Aはよく俺に心霊スポットに行っただの
霊が見えただの話しをしてくる奴だ。

俺は幽霊否定派だったこともあり、
いつも水掛け論的な議論になったが、
それはそれでお互い楽しんでいた。

で、その否定派の俺が
心霊現象っぽいことで相談の電話をしてきたのだから、
Aはもう勝ち誇ったようだった。

だがAは真剣に対応してくれた。

「な、解っただろ
俺の普段言っている事が正しかったって」

別にこの時、
俺はまだ霊の存在を認めてなかったが、
弱っていたので黙ってAの言う事に耳を傾けた。

Aは言う

「広島の##市に俺の世話になってた○○寺があるから(Aは広島出身)、
住職に会って助けてもらえ。
お前が行く事は連絡しておくから。絶対に行けよ。」

幽霊の仕業とは信じたくなかった俺は、
いきなり寺に行くのはちょっと抵抗があった。

が、正直有難かった。

早速、広島の教えられた寺に向かった。

高速飛ばして2時間程度、
迷うことなく到着できた。

車を駐車場に止め、
寺に向かうと門の前で住職と会うことができた。

「あぁ、△△(俺)さんかいね。
A君から電話あったわ。
さぁさぁ中へどうぞ。」

とても柔和で人のいいおじいさん住職。

聡明なオーラが漂う人だった。

ことの次第を全部住職に話した。

住職はウンウンと頷きながら聞いてくれて、
全部聞き終えるとしばらく腕組して。

「まぁ、少なくとも良い霊ではないわなぁ。
今晩泊まってもらって経あげてやれればいいんじゃが、
生憎これから用事があっての。」

少し間を置いて住職は続ける。

「だが、心配いらん。
△△さんとこに出てくるのはそんなに強い奴じゃない。
心を強く持つこと。怖がらないこと。
毅然と立ち向かう事が大事。」

と言ってくれた。

そして、寝る時は
布団の四隅に盛り塩をするようにアドバイスしてくれた。

で、最後に

「霊という奴はな、大抵は弱い。
△△さん生きてるじゃろ。
生きてる人間の方が強いんじゃ。
エネルギーがあるんじゃ。
生きてるエネルギーはそれはそれは強いもんじゃ。
生きてるというのはそれはそれは尊いことよ。
死霊なんかには負けないて。ハハハ。」

とのことだった。

妙に説得力があって有難い話だった。

で、帰り道、
スーパーで食塩と習字用の紙を買って帰って、
霊と対決する事にした。

布団の四隅には習字用の紙にタップリ盛り塩。

なんか不思議と結界の中に入った気分になって
安心感が半端なかった。

そしてついに就寝。

ウトウトしてきたとき、金縛り、
そして奴が来た。

ヤッパリ来た。

予想を裏切らず来た。

いつもどおり「うぉぉ…」言いながら
布団の周りを回っている。

だが、一向に布団の上にのし掛かってこない。

盛り塩が聴いてる!!と確信できた。

で、
住職の生きてる人間の方が強いって言葉を思い出して、
勇気が出てきた。

心の中で

「おいこら悪霊。
ワレなんのつもりで俺に喧嘩売っとんじゃコラ!!
俺に勝てると思ってんか!!(何故か関西風)」

と自分を奮い立たせ、
思い切って目を開けた。

はっきり見えた。

デカイ女。

髪の長いデカイ女。

目は見えないが
鼻もデカくて出っ歯の女。

ひるまずに出ない声で口パク気味に

「何だてめぇ。何の用だ。
消えろ。ぶっ飛ばすぞ!ぶっ飛ばすぞ‼」

と言った。

そこで記憶が無くなって、
気がついたら朝だった。

本当の霊だったのかどうか解らないけど、
一つ夢じゃないって証拠があった。

盛り塩の一部に指で引っ掻いた跡みたいなのがあって、
塩が散らかっている山があった。

散らかっている側は布団側とは逆
(結界の外側の方)だったので、
自分の寝相が悪くて散らかしたとは考えにくい。

やっぱり霊っているのか……?
と思う瞬間だった。

そして、それ以来、
就寝中の金縛りも布団の周りを回るデカ女も出なくなった。

目の下のクマも消えた。

健康な生活に戻ることができた。

ありがとうA。

ありがとうございました住職。