洒落にならない怖い話まとめぽぽぽ・・・

怖い話にはいい話もあるんだよ?

ボラ

子供の頃、ベッドに40-70cmの生きたボラが落ちていた。 
一人っ子なんでこんな悪戯する奴は家にいなかった。 
じーちゃんがつまらそうな顔して粛々と捨ててた。 

大人になって新宿ビル街の都庁前あたりを歩いていたら、 
唐突に上から大きな魚が降ってきて、アスファルトの上でビタビタあばれていた。 
ボラだった。周りはどうせトラックの落とし物と思うのか、関心を寄せる人は皆無だった。 
ボラは後続車にひかれて体の半分が潰れた。 
誰もがスルーしてるなか、一人のフツーっぽいサラリーマンがひょいとそれをぶら下げて、 
ゆっくりとした足取りで去っていった。 

オヤジになって、やや死のうかなって思いながら川面を眺めてたら、 
体の半分が潰れたボラが、悠然と泳ぎ去っていった。 

ジジイの域になって釣りしてたら、外道のボラがかかってしまった。 
海面からボラを上げたあたりで急に貧血のようになり、気づいたら釣り座に横たわって寝ていた。 
ボラを頭から丸かじりにして口から魚体をはみ出させる形だった。 
意識が戻ったときにはボラは完全に死んでいたから、たぶん意識の無かったのは5分か10分くらい。 

長い年月の間の出来事だから、偶然が重なっただけだとは思うけど、気持ちが悪い。 
もう魚を食う気がしなくなった。シラスしか食えない。煮干し以上の大きさの魚は怖い。 
つい最近、西新宿公演の中で、ボロボロの大きな血まみれの魚を下げた男とすれ違った。 
男の服装も変で、結構本格的な神社の神官みたいな恰好をしていた。 

なんなんだよもう。 
魚、世界から消えてくれ。