洒落にならない怖い話まとめぽぽぽ・・・

怖い話にはいい話もあるんだよ?

霊を見てみたい

大学の頃のボクは結構な苦学生で、まあ高い授業料の私学に通っていたから しょうがないんだけれど、色々とアルバイトをしました。 「引越し屋さん」もそのひとつ。体の線は細かったけれど筋力と体力には自信があったので 高額な報酬もあってちょくちょくバイトに行ってました。

東京のH市の郊外にある「A」と言う名のそこは、はじめに行ってみたら 出来たばかりの若い会社でボクはオープニングスタッフでした。

出来たばかりの会社というのは無理をしないとイケない。 だから他の会社がやりたがらない仕事が多かったみたいです。 (そういえばバイト仲間には今をときめくPRIDEの大スター S君もいましたw)

他の会社がやりたがらない仕事・・・・・・ エレベーターのない団地での5階からの荷降ろし&荷あげ。 車の通れない細い路地裏の引っ越し。夜逃げにヤクザの引っ越し。 書いていたらきりが有りませんがそんなもんです。 あああ・・・・・・・あとは曰くつき。気にしてませんでしたけどね。 そんなの。

その日もボクはいつものように2tのトラックを転がして現場に入りました。 伝票には都内の高級マンションの名前が書いてありました。

「こんちわっす!!!引っ越しセンターの者ですが」

(下請けの仕事が多かったんで、それに合わせて毎日、会社名が変わります。 めんどくさいからいつも上記みたいに挨拶してました)

さあ、作業を始めよう!!んんん・・・・????

なんだ、突然の目眩、吐き気。まわりの景色がぐるぐるまわって、 とても立っていられません・・・・・どうしたんだ?

大丈夫ですかあ・・・?顔色悪いっスよ!!!

心配そうにバイト仲間がこっちを覗きこんでいます。

悪い、ちょっと気分が悪いんだ・・・・オレ、トラックで積み込みやるわ・・・・・

なんとなくですが、そのときボクは、はやくコノ場所を離れなくては・・・・とそれだけを考えていました。

なんだ・・・・どうしたんだ・・・・・ここは・・・・・

逃げるように玄関を出てエレベーターを降り、1Fのエントランスホールの脇にある 花壇に腰掛て外の空気を吸うと・・・いくらか気分は楽になりました。

さっきのは何だったんだろう・・・・・

そのときです。すーっとボクの隣を見覚えのある女のひとが通り過ぎて行きました。 ああっつ・・・あの人は確か・・・・芸能人の・・・・おねいさんがミュージシャンの・・・・ ほら・・・・Tだ!!!このマンションの住人なんだ・・・・・。

Tは、通りすがりに冷たい視線をチラリとこっちに向けてエレベータに消えて行きました。

なんだよ・・・・お高くとまりやがって・・・・ でもマンションの花壇に作業服の男がへたり込んでいるのもかなり怪しいけどな・・・・・

それから作業は滞りなく終わり、僕らは荷物を積んだトラックで引っ越し先まで移動しました。

新しい引越し先は、これも都内のとあるマンション。 ここで、初めてボクは今日の依頼主と話をしました。 「ご苦労様です・・・・・」 いえ、いえ、スイマセンねえ・・・なんか今日、体調悪くて・・・・ 「大丈夫ですか・・・・・?」 ええ・・・今は、もう平気ですよ。 「そうですか・・・・・・」 はい。ん・・・・・・それが、どうかしました? 「いや・・・・あなたは・・・・・」 はあ・・・・・・・・・ 「霊感とか強いほうなんですか・・・・?」 霊感・・・・・・・?なんで、また・・・・・・? 「いやね・・・あの部屋、前に自殺があったんですよ・・・・・」 ええっ・・・・・・・・・ 「若い女の人らしいんですが・・・・・・」 そんな・・・・・・・・・ 「私も知らないで引っ越して来たんです・・・・」

良く見ると依頼主は30歳くらいの男の人だけど酷く痩せていて顔に生気もない。

「でるんですよ。あそこは・・・・・・・」 じょ、冗談やめてくださいよ!!!! 「いや、ホントなんです・・・・このまま居つづけたら私も・・・・・・」 ハイ、ハイ、解りました!作業があるんで失礼しますっ!!!

私も・・・・ってなんだよ・・・・気味悪いなあ・・・もう・・・・

でも、あの部屋はイケナイ。それだけは解る。 さあ、もう早く作業を終わらせて帰ろう。まったく嫌な気分だなあ・・・・・・

それから、しばらくボクはこの話を忘れていました。 引越し屋さんは続けていたけれど、日々の多忙の中で、この日のコトは 記憶のスミッコに押しやられていたみたい。

このことを思い出したのは、それから数年後・・・・ワイドショーを見ていたときです。

「女優Tさん自宅マンションで謎の自殺」

寝転がってTVを眺めていたボクは、ハッとそのとき思い出しました。

あのマンションだ・・・・・・・・・・・

フラッシュバックのようにあの日のコトが鮮明に蘇ってきました。

そうだ・・・・・・あのとき・・・・・・・

あのマンションから引っ越した人が最後に言っていたのは・・・・・・・・・

「このまま居つづけていたら私も・・・・・・・」

私も・・・・・・・・・

「私もいつか引っ張られてましたよ・・・・・・」

あのマンションはまだ都内にあるんでしょうか・・・・・

住所も何も忘れてしまって確かめる術はありませんけど。